アスリートサポート

HOME >>   アスリートサポート >> スポーツ傷害

スポーツ傷害


スポーツ傷害とは
スポーツにより発生するケガの総称で、「外傷」と「障害」の2つに分かれます。
 
「スポーツ外傷」
明らかな受傷原因があり、1回または数回の大きな外力が加わって受傷する、いわゆる怪我のことで、不注意などから起こることも多い。
症状例)骨折、脱臼、突き指、捻挫、打撲、肉離れ、筋断裂、創傷、肩鎖関節脱臼、前十字靭帯損傷、鎖骨骨折、など。
 
「スポーツ傷害」
発生原因が不明確な場合が多く、一定の動作を繰り返すことで慢性的に起こる疾患で、「使いすぎ症候群」とも言われています。
スポーツ選手などが過度な練習などで起こることが多く、技術の未熟さや筋力、体力不足、柔軟性の低下などが原因のことも多い。
症状例)疲労骨折、野球肘、テニス肘、水泳肩、ジャンパー膝、シンスプリント、腸脛靭帯炎など。