アスリートサポート

HOME >>   アスリートサポート >> 身体の構造

身体の構造


筋肉図と骨格図

筋肉図
筋肉(深層)図
骨格図

筋肉は、体を動かす運動だけではなく、呼吸運動や胃腸の消化運動などにも働きます。筋肉の組織は筋細胞(筋線維)が主体となり、多数の神経や血管が侵入し、結合組織が介在しています。 
 
その構造や働きの違いによって骨格筋、平滑筋、心筋の3つの種類に分類されます。
 

【骨格筋】(こっかくきん)

普通、筋肉というと骨格筋を指します。横紋が見られるため横紋筋(おうもんきん)ともいい、自分の意志で自由に動かせる随意筋です。(腕や足の筋肉、腹筋、背筋など)
 

【平滑筋】(へいかつきん)

内臓筋ともいわれ、自分の意志で自由に動かしたり、止めたりすることのできない不随意筋です。消化器や泌尿器の壁となっている筋肉などで、胃や腸を動かしたり、尿などを運ぶ働きをします。血管の壁も平滑筋からできています。
 

【心筋】(しんきん)

心臓だけにある筋肉で、心臓の各部屋の壁を作っています。一生の間、縮んだり膨らんだり、状況に合わせて規則正しく働らかなければならない不随意筋で、最も大切な組織の一つといえます。

一方、人間の骨は、全部で206個あり、存在する個所から、頭部・体幹・上肢・下肢に分類されます。
 
骨には海綿骨と皮質骨の2種類があります。
 

【海綿骨】(かいめんこつ)

骨の内側の部分で、梁(骨梁と言います)のようになっています。
 

【皮質骨】(ひしつこつ)

骨の外側の部分で、非常に固い組織です。