適応症状

HOME >>   適応症状 >>  肩こり

肩こり・首こり


肩こり・首こりとは、主に悪い姿勢や緊張などによって、肩周りや首周りの筋肉が疲労し、肩周り筋肉の血液の循環が悪くなり(血行不良)、老廃物、発痛物質が溜まって起こる“痛み”や“だるさ”や“張り”などによって、首筋や肩、肩甲骨の周辺が重苦しくなった状態のことです。

人間の頭の重さは成人で体重比で約10%前後と言われています。
体重50kgの人で「約5kg」になります。 そんな重い頭を支えているが、首と肩です。
日本人は、欧米人と比べると、頭の大きさの割りには、首から肩の骨格や筋肉が華奢にできているため、肩こりを起こしやすいと言われています。


原因&症状

肩こり・首こりの原因には、様々な要因があります。
 
●長時間同じ姿勢による筋肉疲労・血行不良、冷え、眼精疲労、運動不足
 
1日中デスクワークをしていたり、長時間、自動車の運転をしていたり、同じ姿勢を取り続けると、首や肩の筋肉が疲労し、硬くなってしまいます。
姿勢が悪くなると、一部の筋肉に負担がかかり、その筋肉への血流が悪くなり、栄養が十分に肩から頭部へかけて行き渡らない状態になります。その状態が続くと、筋肉が萎縮し、血行不良となって肩こりが起こります。
また、長時間パソコンでのデスクワークや読書や細かい手作業などで、眼を酷使し、ドライアイから眼精疲労になり、肩こりの原因になることもあります。
そして、これらの根底には、運動不足があげられます。
 
●背骨・骨盤のズレ・身体の歪みによる神経圧迫
 
頭から首・肩にかけて流れる神経は、“背骨”に沿って流れています。
そのため、姿勢の悪さなどから、背骨にズレが生じると、そこを流れる神経を圧迫し、慢性的な血行不良や痺れの原因となり、肩こりへ発展します。
 
●精神的なストレスによる自律神経の悪化
 
精神的なストレスも筋肉の凝りや血流不足の原因となります。この精神的なストレスが続くと、この状態が悪化して”神経の圧迫”の状態が更にひどくなります。そして更に、神経圧迫が進むと、“自律神経の働き”(人間の起きている時と寝ている時の交代をスムーズに行ってくれる)が悪化していきます。この自律神経のバランスの乱れが肩こりの原因になります。
 
●内臓機能低下による影響
 
“内臓”も筋肉と同様に、日常の疲労や生活習慣によってストレスを受けます。
この内臓が、疲労したり機能が低下したりすることによって、内臓周辺の組織や筋肉に影響があり、そこで痛み”や“痺れ”を感じることがあります。
また、内臓と関連する「椎骨」と呼ばれる背中の骨の変異から内臓機能が低下して、肩こりとなる場合もあります。
 
 
 
 
このように、原因が様々であり、痛みやこりが生じている場所と原因のある場所が異なるケースが少なくありません。

対処&治療

一般対処法として、運転や仕事の合間に適当な休憩を入れ、軽い運動やストレッチを行い、筋肉を解し、血液が流れやすくなる状態にすることが大事です。また、普段から運動・ストレッチを行い、筋肉や筋を伸ばしておくこと、ストレスをためないことも予防につながります。

西洋医学では対処療法を行います。

  • 痛み止め(鎮痛剤)の処方
  • 筋肉の緊張を和らげる筋弛緩薬の処方
  • ブロック注射(痛みがひどい場合)

 
東洋医学では、指圧・マッサージや鍼や灸などを用いて、原因となっている場所に直接アプローチし、“痛み”や“だるさ”や“張り”や“こり”の原因を改善します。
また、肩こりは生活習慣によるところが多いので、ライフスタイルや姿勢の改善などを見直しましょう。
 

当院の治療の基本

■ 筋肉調整
筋肉への効果的な施術(整体・はり・灸)により血行を改善し、症状の改善を行う。
■ 背骨・骨盤矯正
背骨・骨盤矯正によって、骨格のゆがみ・ズレの回復させる。
■ 自律神経調整
頭蓋骨・内臓の矯正によって、自律神経の乱れを整えて、自然治癒力を甦らせ痛みの改善を行う。


対応ツボ

肩こりに効果のあるツボは下記の通りです。

天柱【てんちゅう】

位置:後頭部、髪の生え際にある太い2本の筋(僧帽筋)の外側
頭痛や肩こり、首の痛みによく効きます。
風池【ふうち】

位置:後頭部の髪の生え際のくぼみ。耳の後ろにある、先のとがった骨(乳様突起)の後方のくぼみ
頭痛や鼻づまり、耳鳴り、首の痛みに効きます。
肩井【けんせい】

位置:肩のほぼ中央。肩先の中心点と首の付け根の真ん中を結んだところ。乳頭をまっすぐ上に肩上部まで辿ったところ
肩こりによく効きます。また、肩こりからくる頭痛や眼の疲れにも効きます。
臑兪【じゅゆ】

位置:肩甲骨外端の少し下のくぼみ
五十肩(四十肩)に効きます。
曲池【きょくち】

位置:肘を曲げたときにできるシワの外側
肩こり・目の疲れ・肘の痛みに効きます。
手三里【てさんり】

位置:肘を曲げたときにできるシワから手首に向かって指幅3本分の位置
肩こりに効きます。
頸頂点【けいちょうてん】

位置:人差し指と中指の付け根の間
肩こり・首のこりに効きます。
後谿【こうけい】

位置:手を握ったときに小指側にできるシワの先端
肩の痛みや肩こりに効きます。
合谷【ごうこく)

位置:手の甲側で、人差し指と親指の間、人差し指と親指の骨が合わさる付け根
特に頭痛、肩こり、歯痛、眼の疲れによく効きます。
外関【がいかん】

位置:手首の外側。手首の横ジワ中央から肘に向かって指幅3本分の位置
肩こりに効きます。