適応症状

HOME >>   適応症状 >>  頭痛

頭痛


15歳以上の日本人のうち、3人に1人は「頭痛もち」で、3000万人以上が悩んでいるといわれます。 これほど身近ということもあって、「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、ひどくなると生活に支障をきたす場合や、背後に命にかかわる病気が隠れていることもありますので要注意です。

原因&症状

種類

  • 「片頭痛」…何らかの理由で脳の血管が急激に拡がって脈打つように痛み、吐き気も伴う
  • 「緊張型頭痛」…頭の周りの筋肉が緊張することによって、頭全体が締め付けられるように痛い
  • 「群発頭痛」…ストレス、飲酒、喫煙が誘因して眼窩部や前頭部に数秒間激しい痛みを短期間繰り返す
  • 「その他の頭痛」…神経性頭痛、薬剤使用過多による頭痛など

「片頭痛」
脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症します。心身のストレスから解放されたときや、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、「片頭痛」の誘因とされています。

「緊張型頭痛」
頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。引き起こす原因は、精神的・身体的ストレスであることが多く、コンピューター操作などで長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすい病気です。

「群発頭痛」
群発頭痛は、激しい眼窩部痛で、その間、結膜の充血や、鼻水・鼻づまりを伴い、夜間、睡眠中に頭痛発作が起こりやすく、男性に多いとされています。ストレス、飲酒、喫煙が誘因となり、これらの過剰摂取により、脳内の血管や神経に影響を及ぼし、頭痛となって現れてくるとされています。


対処&治療

■片頭痛の対処法
 
  1. 冷やすのは○、温めるのは× 。
  2. 静かな暗い場所で休む。
  3. カフェインを適量。
■緊張型頭痛の対処法
 
  1. 温めて、こりをほぐす。
  2. 気分転換をする。

当院の治療の基本

筋肉調整
筋肉への効果的な施術(整体・はり・灸)により血行を改善し、症状の改善を行う。
背骨・骨盤矯正
背骨・骨盤矯正によって、骨格のゆがみ・ズレの回復させる。
自律神経調整
頭蓋骨・内臓の矯正によって、自律神経の乱れを整えて、自然治癒力を甦らせ痛みの改善を行う。


対応ツボ

頭痛に効くツボ

百会【ひゃくえ】

位置:頭のてっぺん
合谷【ごうこく】

位置:手の親指と人差し指の骨が交差したのところ
頷厭【がんえん】

位置:ひたいの角、はえぎわより少し下
頭維【ずい】

位置:ひたいの角、はえぎわの少し斜め上
足臨泣【あしりんきゅう】

位置:足の小指と薬指の間の骨を足首に向かって沿って、指が止まるところ
曲池【きょくち】

位置:肘を曲げた時に出来るシワの終わる部分
手三里【てさんり】

位置:肘を曲げた時にできるシワから手の甲に向かって指3本分
天りょう【てんりょう】

位置:首の後ろ側の付け根から指1本分下に下がったところ。肩甲骨の内側上方