適応症状

HOME >>   適応症状 >>  ムチ打ち

ムチ打ち



むち打ち症とは、主に自動車の追突、衝突、急停車等によって首が鞭(むち)のようにしなったために起こる症状を総称したものです。
しかし「むち打ち症」は,正式な傷病名ではなく、「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれます。


原因&症状

  • 頚椎捻挫型
    • 頚椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多くみられ、 むちうち症全体の70~80%を占めています。
  • 根症状型
    • 頚椎のならびに歪みが出来ると、神経が圧迫されて症状がでます。
  • バレ・リユウー症状型
    • 後部交感神経症候群ともいいます。頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。
  • 脊髄症状型
    • 頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されて、下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。
  • 脳髄液減少症
    • 一時的に髄液圧が急上昇しその圧が下方に伝わって腰椎の神経根にもっとも強い圧がかかりクモ膜が裂けると考えられています。

対処&治療

むちうちは、首をすごい衝撃で振られたときのダメージです。
筋肉だけでなく靭帯や神経までも損傷してしまいます。
この神経までも損傷を受けた時は、時間がかかります。

必ず、医療機関を受診してください。
治療初期にはアイシングを行い、炎症を抑え、頚椎を固定するために首に頚椎カラーをつけ固定処置を行います。
最初の1~2週間は安静を保ち、炎症を抑える治療を受けます。
そして、痛みや運動制限などの症状が治まってきたら、頚椎カラーを外し、首や肩を大きくゆっくりと動かす運動やストレッチングを行います。
運動を始めると、血液の循環が促されて回復が早くなります。

当院の治療の基本

筋肉調整
筋肉への効果的な施術(整体・はり・灸)により血行を改善し、症状の改善を行う。
背骨・骨盤矯正
背骨・骨盤矯正によって、骨格のゆがみ・ズレの回復させる。
自律神経調整
頭蓋骨・内臓の矯正によって、自律神経の乱れを整えて、自然治癒力を甦らせ痛みの改善を行う。


対応ツボ

ムチ打ちに効果のあるツボ

完骨【かんこつ】

位置:耳たぶの後ろの骨に、指をおき<、そこから、後ろにすぐ下がったところ

肩髃【けんぐう】

位置:腕を水平に上げ、肩の前面にできるクボミ
郄門【げきもん】

位置:手首の内側のシワの真ん中を探し、その部分と肘との中間