適応症状

HOME >>   適応症状 >>  四十肩・五十肩

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)


四十肩・五十肩とは、肩関節の周囲に起こる炎症のことで、正式には「肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)」という疾患のことを言います。主に、40代後半から60代にかけて発症することが多いため、「四十肩」や「五十肩」と呼ばれていますが、特に症状に違いはありません。 


原因&症状

肩こりと四十肩・五十肩の違い
 
肩こりは、筋肉の血行不良が主な原因で、姿勢の悪さや緊張などにより肩や首の筋肉が疲労して硬直している状態の「肩こり」に対して、四十肩・五十肩は、肩関節周辺の腱(腱板)の機能が低下した状態で肩を動かすことで起きる肩周囲の滑液包の炎症が原因とされています。

四十肩・五十肩になると、肩関節の可動域(動かせる範囲)がかなり制限され、腕をねじったり上げ下げすると肩に痛みが起こり、思うように動かせなくなり、日常生活に支障をきたします。とくに関節内や滑液包に石灰が沈着している場合、激しい痛みが起こります。また、肩の背中側を手で押してもあまり痛くありませんが、肩の胸側を押すと強い痛みを感じるのが特徴です。
 
次の症状が見られたら、四十肩・五十肩が疑われます。
 
  • 肩がこわばっている
  • 肩を動かすと痛みを感じる
  • 腕を自由に動かしにくくなった
  • 着替えや整髪が困難になった
  • 腕を上げると痛むので電車のつり革をつかまなくなった
  • 腕を後ろで組もうとすると痛み、背中のファスナーに手が届かない
  • 寝返りをうつと肩が痛い 

対処&治療

肩関節は年齢とともに変性が進み、可動域も狭くなる傾向があります。
普段から適度な運動を行い、筋力と正常な可動域を維持することが大切です。
四十肩・五十肩は突然発症しません。事前に肩に違和感や痺れ感、だるさなどの前兆がありますので、適度に肩を動かしたり、温めたり、また早めに治療を受けるなどの対処をして症状を最小限に抑えることが重要です。
 
四十肩・五十肩の症状が見られたら、整形外科等の専門医による診察やレントゲン検査が必要となります。
 
整形外科での「四十肩・五十肩の治療」には主に3つの方法がとられます。

  • 「薬物療法」… ステロイド剤やヒアルロン酸を注射して炎症を和らげる
  • 「運動療法」… 肩や腕を動かして可動域を広げる
  • 「物理療法」… ホットパックや電気などを利用して筋肉の緊張をとり周囲の血流をよくする

一方、東洋医学では、原因となる体の各部を刺激して、本来、人間の持っている「自然治癒力」を発揮させて、症状が軽減させます。

  • 整体(マッサージ・ツボ指圧)施術
  • 鍼・灸施術

症状の改善、または予防するためにもツボを刺激し、血行を改善することが重要です。
 

当院の治療の基本

■ 筋肉調整
筋肉への効果的な施術(整体・はり・灸)により血行を改善し、症状の改善を行う。
■ 背骨・骨盤矯正
背骨・骨盤矯正によって、骨格のゆがみ・ズレの回復させる。
■ 自律神経調整
頭蓋骨・内臓の矯正によって、自律神経の乱れを整えて、自然治癒力を甦らせ痛みの改善を行う。


対応ツボ

四十肩・五十肩に効果のあるツボです。

中府【ちゅうふ】

位置:鎖骨と肩の骨の間にあるくぼみから、指一本分ほど下
四十肩・五十肩、肩こり、首の痛みによく効きます。
肩髎【けんりょう】

位置:腕を上げたときに肩関節にできるくぼみの後ろ側のくぼんだところ
四十肩・五十肩、肩こり、首の痛みによく効きます。
肩井【けんせい】

位置:肩のほぼ中央。肩先の中心点と首の付け根の真ん中を結んだところ。乳頭をまっすぐ上に肩上部まで辿ったところ
肩こりによく効きます。また、肩こりからくる頭痛や眼の疲れにも効きます。
天宗【てんそう】

位置:肩甲骨の中心あたりにあるツボ。肩甲骨を覆っている腱板(けんばん)を構成している棘下筋(きょくかきん)の中にある
五十肩(四十肩)に効きます。肩の動きに深く関係している
肩貞【けんてい】

位置:脇の下の後ろ側、親指一本分くらい上
腕を上げる動作を改善する効果がある。
隔兪【かくゆ】

位置:左右の肩甲骨(けんこうこつ)の下を結んだ線上で、背骨から外側に指二本分離れたところ
血の流れをスムーズにする。