適応症状

HOME >>   適応症状 >>  骨盤矯正

骨盤矯正


骨盤が歪んだままの状態では、筋肉のバランスが崩れ、血流やリンパの流れが悪くなり、冷え性や新陳代謝の低下を招きます。骨盤の歪みから神経を圧迫し坐骨神経が出たり、仙骨や尾骨、恥骨の痛みなどが現れ、内臓が元の位置にとどまれずに下がってくることから、それを支えるために皮下脂肪が増える問題も出てきます。
 
その他の症状としては以下のようなものがあり、骨盤の歪みによる筋肉の強弱や偏り、柔軟性がなくなることで、体の各部位にトラブルが起きやすくなります。

原因&症状

骨盤の歪みの原因は、「筋力低下」、「姿勢が悪い」、「日常的なクセ」などからです。

  •  運動不足による筋力(腹筋)低下
  •  老化(加齢)
  •  ストレス
  •  出産
  •  カバンを片方の肩ばかりにかける
  •  片足に重心を預ける
  •  あぐらをかく
  •  横向きに寝る
  •  猫背
  •  姿勢が悪い
  •  反り腰
  •  ハイヒールなどのかかとの高い靴を使っている
  •  片方だけ足を組む
  •  食事で片方だけで噛んでいる
  •  サイズの小さい下着をつけている

その他の症状としては以下のようなものがあり、骨盤の歪みによる筋肉の強弱や偏り、柔軟性がなくなることで、体の各部位にトラブルが起きやすくなります。

  •  肩こり 
  •  腰痛
  •  O脚
  •  猫背
  •  冷え性
  •  むくみ
  •  便秘
  •  尿漏れ
  •  不眠
  •  血行不良
  •  生理不順
  •  ひどい生理痛
  •  不妊
  •  膝痛
  •  股関節痛
  •  新陳代謝の低下による肥満
  •  疲れやすくなる
  •  肌荒れ
  •  頭痛

骨盤の基本構造

 

 

 
骨盤とは、『仙骨』『腸骨』『坐骨』『恥骨』の4つの骨の総称です。
骨盤には、腰椎(背骨の腰の部分)と2本の大腿骨(太ももの骨)が関節しています。
骨盤の歪みは、この関節部分で起こります。「股関節」、「腰仙関節(仙骨と背骨の関節)」、「仙腸関節(仙骨と腸骨の関節)」、「恥骨結合」の4つです。

股関節での歪み

 
股関節での歪みは2つあります。
1つは骨盤の『前・後傾』です。
 

 
股関節を軸に前か後に傾いている方が大半です。骨盤後傾だと猫背の原因となります。

そして、もう1つは骨盤の『開き』です。
 

 
正常な股関節に対して、O脚(右)は股関節が内側に捩じれています。筋肉に引っ張られて坐骨が外に開く方向へ引っ張られます。反対に、X脚(左)は、股関節が外側に捩じれています。筋肉に引っ張られて坐骨が内に閉じる方向へ引っ張られます。
 
 

腰仙関節での歪み

 
腰仙での歪みは骨盤の『左傾、右傾』です。
 

 
図は骨盤の左が高く、右が低い状態になっています。このような傾きがあると肩の高さも違ってきてしまいます。また、脚長差(左右の足の長さの違い)もこの傾きが原因で起こっています。

骨盤のゆがみと不調の原因は、腰の奥にある「大腰筋」の衰えが大きく起因しています。 
 

大腰筋とは、体の奥にある深部筋部(インーマッスル)で、背骨と両足の付け根を結ぶ筋肉を言います。骨盤と足の付け根を結ぶ筋肉=腸骨筋と合わせて「腸腰筋」と呼ばれています。いわゆる“体幹”の筋肉です。  
 

大腰筋と腸骨筋は、太ももを上げたり、背骨の自然なS字の湾曲を支え、お尻の筋肉を引き上げ、骨盤の位置を正常に保ちます。

 

大腰筋と腸骨筋が衰えると、姿勢が崩れ、太ももを上げにくくなるため、躓(つまず)きやすく、転びやすくなります。高齢者が転倒して骨折する危険性が高くなり、寝たきりや要介護になる原因にもなります。この筋肉は加齢と共に衰えてきます。(70歳代では20歳代の約50%まで減少)
 
筋肉量が減少すると基礎代謝量(消費エネルギー)が低下し、肥満の原因となります。また、骨盤が歪み内臓が下がり、神経や血管が圧迫され、血行不良、むくみ、冷え性、便秘にもなりやすくなります。そして、骨盤が後傾し、腹筋背筋の緩み・猫背になりやすくなり、O脚、腰痛の原因にもなります。
 
大腰筋と腸骨筋は、筋トレによって鍛え、筋肉量を増やすことができ、ボディーラインが綺麗になり、バストのラインが上がり、ポッコリと出たお腹が消え、垂れたお尻も上がります。大腰筋を鍛え強化し、腰痛を予防し、体質改善していきましょう。


対処&治療

治療に際し、まずはどれくらい骨盤、背骨のゆがみがあるかを調べます。その度合いによって、施術計画が決まります。
そして、ゆがみを解消するストレッチ、エクササイズを行います。
 

  • 骨盤矯正ストレッチ
  • 骨盤ゆがみ解消エクササイズ
  • インナーマッスル強化(腹筋)

 
症状の具合を診ながら、患者様に合った施術をご提案させて頂きます。

当院の治療の基本

筋肉調整
筋肉への効果的な施術(整体・はり・灸)により血行を改善し、症状の改善を行う。
背骨・骨盤矯正
背骨・骨盤矯正によって、骨格のゆがみ・ズレの回復させる。
自律神経調整
頭蓋骨・内臓の矯正によって、自律神経の乱れを整えて、自然治癒力を甦らせ痛みの改善を行う。


対応ツボ

骨盤矯正に対応したツボです。

腎兪【じんゆ】

位置:大腸兪の指幅3本分上
腎疾患、腰痛、膀胱、生殖器疾患
小腸愈【しょうちょうゆ】

位置:
頻尿、排便異常、消化機能正常化
大腸兪【だいちょうゆ】

位置:ちょうどウエストのライン背骨から左右外側に指二本分
腰痛、坐骨神経痛、大・小腸疾患
胞膏【ほうこう】

位置:
足の冷え、腰痛、整理痛緩和、勢力増強
膀胱愈【ぼうこうゆ】

位置:
頻尿、夜尿症
環跳【かんちょう】

位置:
ぎっくり腰、股関節の痛み
承扶【しょうふ】

位置:
ヒップアップ、坐骨神経痛
衝門【しょうもん】

位置:足のつけ根にある溝(そけい溝)のほぼ中央、動脈の拍動を感じるところ
三陰交【さんいんこう】

位置:内くるぶしの頂点から指4本分上、骨と筋肉の境目