適応症状

HOME >>   適応症状 >>  骨折

骨折



骨折は、読んで字のごとく、骨が折れることです。
スポーツや運動中、または、日常生活において事故・衝突・転倒などで、骨に急激に 外側からの圧力による大きな 衝撃(外力・負荷)がかかった時に、それに耐えきれずに骨折が起こります。
また、病的骨折(骨粗鬆症などの病気が原因で起こった骨折)や疲労骨折(過度の運動によって生じたひびが原因による骨折)は、明らかな外力がかからなくても起こることがあります。
骨折がひどい場合は、動かせなくなったり、外見が変形したりします。
ただし、単なる打撲や関節脱臼でも似た症状が出るので、診断をはっきりさせるにはX線(レントゲン)写真を撮る必要があります。

原因&症状

骨折の種類
 

  • 単純骨折…骨折をしていて、皮膚損傷がないもの。
  • 不全骨折…転位(骨のずれ)の無いヒビだけの骨折。外見上わかりずらい。
  • 剥離骨折…腱や筋肉に何らかの負荷がかかることによって、腱や筋肉に引っ張られることで、骨の一部が欠けたり、骨膜がはがれたりすることでおこる骨折のこと。
  • 病的骨折…骨全体が弱っていたり、骨の一部が溶けていたりすると、弱い力でも骨折する。
  • 疲労骨折…小さな力が同じ場所に繰り返し長期間かかり続けると骨折することがある。
  • 開放骨折…骨折と同時に皮膚が破れて骨折部が露出したもの。治療を急ぐ必要がある。
  • 粉砕骨折…骨折部が複雑に粉砕したもの。
  • 圧迫骨折…中高年や、閉経後の女性に多い骨粗鬆症がある人に多い症状といわれています。他にも事故、重いものを持つなどの力がかかったことにより起こる。
  • 若木骨折…小児期のみに起こる子供特有の骨折。

 
骨折の場所
 

  • 背骨(脊椎)…脊椎圧迫骨折、急性脊柱圧迫骨折、慢性脊柱圧迫骨折
  • 足の付け根…大腿骨頚部骨折
  • 足の小指
  • 手首…撓骨遠位端骨折
  • 肩・腕…上腕骨近位端骨折、上腕骨遠位端骨折、上腕骨骨幹部骨折

 
診断
 
症状を確認し、X線写真を撮ります。大概はこれで診断がつきますが、骨折の転位(ずれ)が無かったり、X線写真に写りにくい骨折の場合は、普通のX線写真だけではなかなか診断できないことがあるため、CT検査を行います。
また、小児の骨にはX線写真に写らない部分があり個人差が大きいので、その部の骨折が疑われる場合は怪我をしていない方のX線写真も撮って比較することがあります。


対処&治療

整形外科での治療
 

  • 痛み止めの注射や薬
  • ギプス
  • 超音波療法
  • 手術

 
当医学での治療
 

  • 骨折のヒビを噛み合わせる
  • 骨が早く付着する刺激を入れる
  • 癒着が起きないように筋肉・組織を調整
  • 体全体のホルモン・神経バランスを整える

『PRICES』処置とは
 P:保護(Protect)…患部をやさしく保護します。
 R:安静(Rest)…怪我した後は、まずは、安静にする。
 I:冷却(Ice)…冷やす事で痛みや腫れを抑える。
 C:圧迫(Compression)…圧迫して腫れや炎症を抑える。
 E:挙上(Elevation)…患部を心臓よりも高くあげる事で血流を良くする。
 S:安定/固定(Stabilization/Support)…患部を安易廷させ、固定する。
*以前は「RICE」でしたが近年は「PRICES」の6文字に増えてきています。

当院の治療の基本

筋肉調整
筋肉への効果的な施術(整体・はり・灸)により血行を改善し、症状の改善を行う。
背骨・骨盤矯正
背骨・骨盤矯正によって、骨格のゆがみ・ズレの回復させる。
自律神経調整
頭蓋骨・内臓の矯正によって、自律神経の乱れを整えて、自然治癒力を甦らせ痛みの改善を行う。


対応ツボ

準備中