お知らせ

お知らせ

謹賀新年

2021年 謹賀新年。
明けましておめでとうございます。
むさしこすぎグリーン鍼灸マッサージ治療院の渡辺です。今年も宜しくお願い致します。
昨年はコロナ、コロナであっという間に一年が過ぎてしまいました
弊社、株式会社グリーン倶楽部(むさしこすぎグリーン鍼灸マッサージ治療院、グリーン訪問マッサージ、デイサービスグリーン倶楽部)におきましても大きな影響を受けました。しかしながら、先ずは私共スタッフ全員がコロナにかからない為にはどうすれば良いのか?と、言うところから始まりまして当たり前の行動を徹底すること、一人一人がコロナにかからないと言う責任と意識を持つことで現在に至っております。
「コロナに感染しない、感染させない」
慣れることなく、常に念頭にしている言葉です。
コロナが落ち着きましたら皆で会食したいとも考えております。

 

さて、毎年お正月恒例の駅伝ですが今年は無観客で開催されました。やはり日本人は駅伝大好きですよね。沿道の応援は規制がかかり、旗も振られずに寂しい感じもありましたが結果はいつも以上の盛り上がりだったのではないでしょうか。
元旦に開催されるニューイヤー駅伝は富士通駅伝部が12年ぶりの優勝を飾りました。おめでとうございます。そして、2日(往路)3日(復路)で開催される箱根駅伝は劇的な逆転劇にて駒沢大学が優勝しました。今回も様々なドラマがありました。感動しました。

 

私がこの業界に入りまして初めてアスリートチームの帯同合宿、試合応援等に行かせいただいたチームが実は富士通駅伝部でした。30年も前の話ですが…。
現在は引っ越しされてしまいましたが30年前は武蔵中原に駅伝部寮がありまして、そちらに出向いて選手のマッサージ、ケア、コンディショニングを施術しておりました。
当時の富士通駅伝部は優勝を狙えるチームではなく来年のシード権を目標にする位のチーム力だったと記憶しております。
そんな中にも目立つ、際立つ選手がおりました。大学卒業後に実業団陸上部に入部する選手が多い中、高校卒業後にチームに入りメキメキと頭角を表しチームキャプテンをしていた選手が現在の監督をされている福島正さんでした。いつも先頭を走り集団を引っ張る姿はとても眩しく、陸上部の練習に初めて参加したときのスピードの早さに驚いたことは今でも忘れません。
そんな、福島さんが現在は監督となりチームを優勝に導くとは、とても嬉しいと共に時の経つ早さも痛感致します。
今後も良いチーム作り頑張ってください。応援しています。

 

長距離選手と言えば必ず経験している怪我がシンスプリントだと思います。
グリーン治療院にも部活で長距離を専門としている選手から、趣味でマラソン大会に参加する一般ランナーまで多くの陸上関係者の方が来院されております。
長距離を専門にしている選手に特に多いのがシンスプリント(疲労性骨膜炎)です。
練習のし過ぎ、オーバーワークが原因で有ることが多く2~3週間の休養、安静で痛みが取れてきます。その後、様子を見ながらの練習復帰となっていくのが通常であります。

 

しかしながら、走り過ぎが原因で痛みが出ているだけに他の部位等にも影響が出ている事が多々あります。
先日来られた学生は右の股関節痛、右腰部痛で来院されたのですがカウンセリングをしているなかで何ヵ月か前に左足下腿内側縁に痛みがあり、痛いときはアイシングをして、痛みが楽になったらまた走ると言う練習を続けていたそうです。
中々休めない事情もあると思います。しかし、オーバーワークが原因の症状だけに一度きちんと休むことも肝要です。無意識に健側に負担がかかってしまい走るフォームやバランスまでも悪くなっていたようです。
人の身体はこのように左右のバランスを上手に補いあっています。つまり、痛みを訴えている部分の裏(反対側)にも診ること、施術する事が大事になってきます。
このような症例は多々あります。
こんな症状でお困りの方、いつでもグリーン治療院にご来院お待ちしております。

 

 

グリーンワタナベケン

診療案内

診療時間
平日・土曜
9:00~20:00※19:30(土曜のみ17:30)受付終了
定休日
日曜・祝祭日

※当院は、20時まで開院していますので、仕事などで遅くなった方など有効的にご利用いただけます。
※混み具合により、お待ちいただくことがございますので、お電話でご確認ください。

住所
〒211-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町3-432
リブ小杉ビル402
最寄駅
東急線「武蔵小杉駅」南口より1分
ご予約・お問い合わせ
お電話、メール、LINEでご予約・お問い合わせを承っております。往診に出ていて電話に出ることができない場合があります。繋がらない場合は後ほどおかけ直しいただくか、メール、LINEにてご連絡をお願い致します。